E2サイクリストが競輪選手を目指すブログ

29年7月現在E2完走レベルの自分が、とにかく全日本に出場することを目指す日々のブログ。だったが、競輪選手を目指すことにしたブログ。

新年初サイクリング

を3日にしてきた。

最近全く動いてなかったので、気楽に。
試したいことは登り。
体重を増やすにあたって、ケイデンスで登るよりもダンシングで体重を使ってぐいぐいっと登る方が良いのではないか、ということ。

実際やってみて、どちらもきつさ、スピードに大差はない。
しかしダンシングだと気持ちいい。
昔からダンシングを続けられる時間は長かった。
感じたことは、無理やり続けてる!にならないためには体幹が必要ということ。
大学時代クロスカントリースキーをしていて、体幹には自信があるので、ダンシングは合っているのかもしれない。

立ち漕ぎで踏む!
じゃなくて、
体重が乗る部分を3点(ハンドル、サドル、ペダル)から2点(ハンドル、ペダル)にする。
さらにハンドルを減らす。

これは武器になりそう。

あけましておめでとうございます

と昨日書きたかったんですが忘れてました。

今年の目標は
JBCFでのE1昇格、
ロードレース•TTでの全日本選手権出場、
トラック短距離•中長距離での草レース入賞、中長距離での国体出場

どれが達成できるかわからんけど、
集中します。

ただ、今は身を固める準備中。
まだ練習には移れない。

今週

風邪をひいたため、練習をせず、回復に専念。
なんとか今日、咳もほぼ止まり、回復したと言えそうな状態に。
来週からはウエイトをメインにしっかり練習して、体重を増やす。
とにかくまず競輪の身体に。

風邪をひいた

先週は残業、今週は風邪。
練習できないフラストレーションが溜まる。
まぁいい機会なので、強くなるための手段でも考える。

ウエイト
実走
食事
休養

今んところそんなもんか。
当たり前やろ!って事だが、それが全てなんやから仕方ないな。
あとは段階の話で、上2つをどのように組み合わせていくのか。かな。

今週

残業続きで練習ゼロになってしまった。
悔しい。どうにもできないと思ってしまいたくない。

今日はバンクで練習できた。
TTも競争もまだまだ。なにが足りひんのやろうか。
わからんけどとにかく身体のサイズ!
あとはそこを越えてから。

原動力は勝ちたい、でも勝負したい、でも自転車が好き、でもなく、
認められたい。なんやと今日気付いた。
良くしてくれる人、尊敬する人に認められたい。
良くしてもらうだけじゃ嫌や。

子供の頃から口下手な自分は、ずっとそうやったんかもしれん。

最近

少し練習できてなくて、今日1週間ぶりにウエイトをした。

体重を増やすのは重要。しかし晩御飯に炭水化物をお腹いっぱい食べて増やすのはやはり違うと思う。
とにかく増やすことやろ!という意見もあると思うけど、
筋肉をふやしてなんぼで、太りたい訳ではない。
なぜなら、最終の目的は自転車で速く走ることだから。
体重は、あくまでその手段の一つであると思う。

1kmTT

1kmTTを走る時に、スピードよりもクランクの回転する回数を考えると、とてもシンプル。
計算は端折るけど、ギア比3.27で139回転すると1kmになる。(1km÷[ホイール周長×ギア比])

今の目標である1分12秒台を出すには、
加速で13秒、平均ケイデンス87の場合、
18.85回転している。
残り120.15回転を59秒で回さないといけない。

120.15÷59
それを60倍すると、
123rpm。

つまり13秒で加速した場合、残りを123回転キープすれば1分12秒台は出せる。